当事者の日中活動の場 虹の家

虹の家とは

みんなで合唱する風景初代虹の家は2002年、聖隷三方原病院の元医師住宅を使って、当事者が、くつろげる、ほっとできる、安心できる、仲間を作れる、そんな憩いの場、居場所として皆さんに利用されてきました。その後、ぴあクリニック開院と同時に、ぴあクリニックに併設するかたちで、引き続き当事者の日中活動の場として多くの方たちに利用して頂いています。

またぴあクリニックにお掛かりの方は自由にお使い頂けます。
当院には精神疾患の当事者であるピアスタッフが勤務しており、
虹の家を利用される方と一緒に活動しております。

ピアスタッフの横山香理さん
初めての方でもスムースに利用できるようにサポートいたします。
ふらっと来てください。
お待ちしています。
ピアスタッフ 橫山香理

虹の家の活動 (平日)

nijinoie7虹の家では、普段の活動として、

  • ミーティング:火・木曜日 13時〜14時
  • 料理:月2回土曜日
  • スポーツ:@細江総合体育センター(ヨガに合わせて行っております。)
  • 習字:調整中
  • いきいき体操:月に1回 月曜日10時〜11時
  • ヨガ:月に2回 木曜日 13時〜14時(場所 虹の家または細江総合体育センター)

などを行っています。

※新型コロナウイルス感染予防のため通常のプログラムを変更しています。詳しくは虹の家までお問い合わせください。

さまざまなイベント