往診・訪問 診察ご希望の方

院長よりごあいさつ

 

院長新居

外来では悩める方のお話にまず耳を傾けようと思っています。そして対等な仲間として生きていく苦労を分かち合い、より理解を深めあえることができたらと思います。それが悩める方のためのささやかな手助けになるようにと願っております。

また隣接する「虹の家」はどなたでもいつでも無料で利用できる居場所となっております。くつろぎの場所として或は仲間づくりの交流の場所としてご利用ください。

医療や社会と切り離されて閉じこもり専ら家族の支えだけで生きている重度精神障害者への往診や訪問支援は、私たちの最も大事な業務と考えております。

まずご家族が相談にお見えください。

私たちの関わり作りによって現在までほぼ100名の方々が地域で自立して自由に生活していけるようになっておられます。それらの方々への生活支援は必要とされる限り訪問看護ステーション不動平と私たちのスタッフで無期限に続けられます。

ぴあクリニック院長 新居 昭紀

ぴあクリニックの歩み

2004年1月 西部ACT研究会設立
2004年4月 かんがるークラブ設立
2006年10月 訪問看護ステーション不動平(通称 ぽっけ)開所
かんがるークラブからまず訪問看護ステーションを事業化しました
2007年2月 ぴあクリニック開院

スタッフ構成

虹の家当事者スタッフ1名

医師 2名 (いずれも精神保健指定医)
臨床心理士 1名
看護師 2名
精神保健福祉士 4名
作業療法士 2名
受付・医療事務 4名
医師募集のお知らせ 見学ご希望の方 ぴあブロ